FC2ブログ

珪藻土塗り工事

今日は壁に珪藻土を塗っていきます

左官屋さんに塗り方を何パターンか見せて貰い、H様の気に入ったものを選んで頂きました
今回のパターンはこんな感じです(見えにくいかもしれませんが・・・)

P1150330hp.jpg


全て塗り終わり、養生も上げて工事は終了です
畳にクロス貼りの和室が、無垢フローリングに珪藻土塗りの和室へ生まれ変わりました
H様ご夫婦にも大変喜んで頂き、私も大満足です

P1150336hp.jpg


実は、本日大切なお客様がいらっしゃってこのお部屋にお泊りになるとか・・・
新しいお部屋、お客様にも気に入って頂けると嬉しいです
スポンサーサイト



23:59 | 現場(神戸) | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

フロアー貼り工事

今日はピンカドを貼っていきました

かなり硬い材なので、釘を打ち付けるのにも力が入ります
これも大工さんの腕のみせどころですね

P1150262hp.jpg


P1150322hp.jpg

フロアー貼り完了です
後は明日の珪藻土塗りのために養生をして終了です
11:31 | 現場(神戸) | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

押入も新たに

工事中のH様邸の和室、押入は天袋のみで地袋は床の間になっていました

P1150243hp.jpg

今回、出来れば地袋も収納として使いたいとご希望されていたH様に
既存の敷居を撤去し、床の間に新たに設けることを提案させて頂きました

P1150306hp.jpg

ただこのままでは白木の敷居がかなり浮いてしまっていたので
わたくし、 柿渋 を塗らせて頂きました!

P1150318hp.jpg

自然な感じになりましたでしょうか?
11:32 | 現場(神戸) | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

『和』 プラス 『亜細亜』

今日からH様邸の和室の工事が始まりました

当初、畳を一般的な集成のフローリングに替えたいとご希望されていたH様
ただ、床だけをフローリングに替えて、壁・天井を『和』のまま残すとアンバランスになって
しまうので、『和』 の雰囲気をこわさないよう、いくつか無垢材を提案させて頂いたところ
『和』 だけでなく、『亜細亜』 的な雰囲気もあわせもつ、ピンカド * を選ばれたH様

img02568225.jpg

* ピンカドは別名アイアンウッドとも呼ばれ、その材は赤褐色で硬くて重く、丈夫な
チーク材よりさらに耐久性に富み、非常に優れた建築材として評価されています。
かつては日本の鉄道の枕木として利用されたこともあり、現在でもウッドデッキや
フローリング材として使われています


まずは畳を撤去、床の下地工事として、根太組みしベニアを貼っていきます

VFSH0010hp.jpg




11:51 | 現場(神戸) | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑